どんなものがあるの?工場での仕事内容とは


工場勤務では比較的メジャーな仕事のライン作業

ライン作業とは、ベルトコンベアーなどに乗ってくる仕掛品の組み立て作業や、製品の検品作業などを指すことが多いです。ライン作業は人の手で直接加工したり組み立てたりするパターンと、機械が作業するオペレーション作業をするパターンがあります。1人で複数の工程を受け持つことは基本的に無く、同じ作業を繰り返して連続で行う仕事が主流になります。同じことの繰り返し作業が得意な人、黙々と作業をこなすことが好きな人に向いている仕事と言えます。人とあまり接しないで作業に没頭したい人などは、このライン作業の工場求人を探すことは、一つの大きなポイントとなります。また仕事に慣れてくると、速さや正確さが要求されるという側面もある仕事です。

生産管理工程を担うピッキング作業について

ピッキング作業もライン作業と同じくらいメジャーな、工場の仕事の一つです。出力されて伝票や作業指示書などをもとに、指定された製品や商品をとりだす仕事を指します。ピッキング作業と言っても、扱う商品によって方法が二つに分かれるという特徴があります。一つは摘み取り式と呼ばれ、商品の発送先ごとに商品をピッキングする方法です。作業は基本的に1人で行います。工場内に複数の人がいても、それぞれ別のことをしていることがほとんどです。もう一つは種まき式という方法です。発送する商品を一か所に集め、それから発送先別に商品を振り分ける方法です。ローラーやベルトコンベアを使用して、複数の人間が協力して仕事を行うことが多いです。

大阪の工場の求人は、正社員の他、数か月から半年程度の契約の期間工、週に数回働けるアルバイトなど様々なものがあります。

Menu