タクシードライバーになりたい?他のドライバーとの違いは?


タクシードライバーは基本的に営業職

タクシードライバーの特徴としてまず挙げられるのは運転スキルが求められるよりも、営業スキルが必要とされることです。タクシードライバーの仕事は基本的には営業職で、顧客としての利用客にいかにして魅力的なサービスを提供するかが重要視されています。リピーターとして同じ会社のタクシーを利用したい、さらには自分を指名して利用したいと思ってもらえるかが重要なのです。売り上げが自分の給料に響く仕組みになっているのも営業職に似ている点でしょう。売り上げの一部が月給に加えられるのが一般的で、うまく立ち回って大きな売り上げを出すと大きな収入を得られます。その点も考慮してタクシードライバーが良いかどうかを考えるのが大切です。

働き方の特徴を知ろう

タクシードライバーになる上では働き方の特徴を理解しておくのが大切です。タクシードライバーは夜間も仕事をする必要があるので、通常は夜勤を伴う求人になっています。夜だけ働くのではなく、朝から働き始めて翌日の早朝くらいまで働くという仕組みの隔日勤務が一般的です。隔日というのは、早朝まで働いた日は休みの日になるので出勤が一日おきになるということを意味しています。実際には土日祝日に相当する休みもあるので一回出勤したら二日休みを取って次の出勤となることも多く、休みを十分に取れるのが魅力です。一回の出勤時間は長いので体力的な負担もあるのは確かですが、休日を満喫したい人にとって理想的な働き方の一つでしょう。

ドライバーの求人は、大手運送会社に限らず、地域に根差したスーパーマーケットなどで募集されることもあります。

Menu