意外と知らない?ドライバーの仕事の種類と必要な資格について


実はたくさんある!ドライバーの仕事の種類

ドライバーの仕事といわれてイメージしやすいのは、タクシードライバーやバスの運転手という方も多いはず。しかし、実はドライバーの仕事の種類は数多く、人を運ぶ車を運転する仕事だけでなく様々な物を運ぶ車を運転する仕事まで幅広いのが特徴です。

例えば、物を運ぶ仕事をするドライバーとして代表的なのが長距離トラックや大型トラックのドライバーです。どちらも、大型の荷物を運んだり目的地が遠隔地であったりすることが多い仕事といえます。近距離の荷物を運ぶ仕事をするのは、配送ドライバーで、多くの場合運送会社などに就職して仕事を行っています。その他、タンクローリーやミキサー車などを運転してセメントやコンクリートといった少し特殊なものを運ぶドライバーの仕事もあります。

ドライバーの仕事に必要な資格とは

ドライバーの仕事をするためにはまず運転免許が必要ですが、なりたいドライバーの種類によって必要となる免許が異なります。

例えば、タクシードライバーは普通自動車二種免許が必要です。この免許は、普通自動車の免許を取得して3年以上運転経験があることや年齢が21歳以上であることなどいくつか取得に際しての条件があります。また、路線バスや観光バスなど客を客を乗せた大型車を運転する場合は、大型自動車第二種免許が必要です。大型自動車二種免許にも、同じように取得のために3年以上の普通自動車運転経歴や一定以上の視力などの条件があります。タンクローリーやダンプカーのドライバーの仕事をする場合は、大型自動車一種免許に加え、危険物取扱者など必要とされる資格がある場合もあります。

愛知のドライバーの求人は他地域と比較して多くあります。自動車産業が盛んなので関連する企業も多く、ドライバーはその中に含まれます。

Menu